"ご家庭で脱毛をしていてお肌を傷付けてしまったり、また余計に無駄毛が目立つようになってきた人も多いことでしょう。
脱毛というのは決して難しいものではありませんが、ある程度の基礎知識を覚えておかなければ危険なのです。ハイジニーナ脱毛とは、VラインやIライン、そしてOラインを含めたデリケートゾーンの脱毛のことです。
最近の傾向で女性が最も悩んでいるデリケートゾーンの脱毛は、ハイジニーナ脱毛で悩みの解消させちゃいましょう。

 

デリケートゾーンの処理が恥ずかしいからといって自己処理を続けるのは肌トラブルの原因となってしまいますので脱毛サロンで処理してもらうのがオススメです。
全ての無駄毛を処理するケースは少ないですが、特殊な脱毛となりますので料金設定が割高になっていることもあります。
女性にとりまして年齢に関係することなく常に気になる部位というのがデリケートゾーンなのです。
早い時期に綺麗にしておきたいと考える女性が多くなってきており、脱毛部位の中で最も人気の部位となります。"



女性のVゾーンやIゾーンなどの脱毛ブログ:2020/03/26

ぼくのお父さんは近所の子どもから
「調子乗りのおっちゃん」と呼ばれている。

お父さんは出勤時に
登校中の児童にむかっておどけてみせる。
それが子ども達のツボにはまるらしく、
みんな笑い転げるのだ。

ぼくは、子どもの頃
恥ずかしくて仕方なかった。

ある日、道の角を曲がると
「ぐわあぁぁ」と叫びながら
倒れるお父さんと目が合った。

お父さんの目からは切羽詰った様子が伺え、
ぼくはうろたえた。

しかしふと前を見ると
戦隊もののおもちゃを手にした子どもたちがいる。
お父さんは戦隊ごっこの悪役をしていたのだ。

お父さんの切羽詰った様子は、
いるはずのないむすめと目が合ったこと、
しかしクライマックスの悪役が倒れるシーンを
全うしなければいけないという責任感の挟間から生まれたようだ。

ぼくが大人になっても
お父さんは喜々として近所の子どもと遊んでいた。

ぼくはお父さんの行動を諦めていたが、
やめて欲しい気持ちはおさまらなかった。

そんなお父さんが癌の告知を受けた。
本人は手術を拒んだが、幸い転移もなかったので
癌を摘出すれば短期間で治療可能、再発も無いとのことだった。

家族全員で摘出を勧め、
お父さんは文字通り泣く泣く承諾した。
陽気なお父さんが泣くのを見たのは初めてだった。

手術の日、ぼくは施術後に立ち会えた。
運ばれてきたお父さんは薄く麻酔が効き、目は半開き…
そのお父さんの前で主治医から成功した旨が伝えられた。

ふとお父さんに目をやると、信じられない光景があった。
麻酔で眠っているはずのお父さんの手がいつの間にか布から出て、
ピースサインになっていたのだ。
その場は笑いに包まれた。

お父さんはいつでもどこでも
「調子乗りのおっちゃん」だった。

意識がほぼ無かろうが、
家族に大丈夫だと伝えようとして動いた手…
その温かさに笑っていたぼくの目から涙がこぼれた。

このページの先頭へ戻る