"女性の脱毛というのは、まさに永遠のテーマであり、美容には欠かすことの出来ないモノと言えます。
無駄毛が目立ってしまうと、どんなにダイエットをしたとしても、本当の美しさを実現させることが出来ません。毛抜きは男女問わずに多くの人が脱毛の手段として実践していることでしょう。
もし毛抜きで脱毛をしようと考えているのでしたら、気を付けなければいけないこともあるので覚えておくようにしてください。

 

毛抜きで抜いたことがある人はご存知かとおもいますが、途中で切れると、毛の先がとがってしまうことになります。
皮膚を貫通し、お肌にダメージを与えてしまうこともあるのでお気を付けください。
カミソリと比較をしますと毛抜きというのは毛根から抜ける場合がありますので、次に生えてくるまで時間があります。
しかし一本ずつしか抜くことが出来ないために、時間がかかるのは当然のこと皮膚への負担も強く、赤く炎症を引き起こしてしまうこともあるのでご注意ください。"



無駄毛の処理をする際の毛抜きは不向きブログ:2020/04/20

頑張っているけど痩せない…
痩せたいと常に思いながらも行動がついてこない…
減量や食べ物のことが24時間中頭の中から離れない…
みなさんは、こんな経験ありませんか?

減量って、より良い自分になるための行動なんですから、
本来、やればやるほど人生が活き活きとするもの。
なのに、やればやるほど暗い気分になっていく…って、
悲しいですよね?

減量も成功せず、
気分も暗くさせる減量の典型的なパターンと言えば…

「痩せたら○○しよう!」
そう思って減量を始めることってありますよね?

もちろん、減量に成功して、
痩せた後の自分に様々な期待を持つことは良いことですが、
その痩せたらする○○が、
痩せなくてもできることなら要注意なんですよね!

例えば…
「痩せたら同窓会に出よう!」
「痩せたら恋人を作ろう!」
「痩せたら就職しよう!」
「痩せたらオシャレになろう!」
「痩せたらスポーツを始めよう!」
…そう思って減量をしている人がいるとします。

もちろん減量が上手くいけば、問題はありません。
でも、そうではないのなら…

もしかすると…
恋人がいないこと(作らないこと)、
就職できないこと(しないこと)、
スポーツしないことなどを継続するために、
減量を失敗させている、
もう一人の自分がいるかもしれないんですよね。

このように、
減量の失敗を
何かを「しない」ための道具として利用しはじめると、
当然減量は成功しませんし、
人生を好転させるチャンスまで逃すことになっちゃうんですよね!

今日は、ここまで。

このページの先頭へ戻る