"女性の脱毛というのは、まさに永遠のテーマであり、美容には欠かすことの出来ないモノと言えます。
無駄毛が目立ってしまうと、どんなにダイエットをしたとしても、本当の美しさを実現させることが出来ません。毛抜きは男女問わずに多くの人が脱毛の手段として実践していることでしょう。
もし毛抜きで脱毛をしようと考えているのでしたら、気を付けなければいけないこともあるので覚えておくようにしてください。

 

毛抜きで抜いたことがある人はご存知かとおもいますが、途中で切れると、毛の先がとがってしまうことになります。
皮膚を貫通し、お肌にダメージを与えてしまうこともあるのでお気を付けください。
カミソリと比較をしますと毛抜きというのは毛根から抜ける場合がありますので、次に生えてくるまで時間があります。
しかし一本ずつしか抜くことが出来ないために、時間がかかるのは当然のこと皮膚への負担も強く、赤く炎症を引き起こしてしまうこともあるのでご注意ください。"



無駄毛の処理をする際の毛抜きは不向きブログ:2020/04/08

わたくし自身の経験からもそうなのですが、
ダイエットって根性や忍耐は不要だと思います。

実際、根性入れて
日々限界まで肩こり体操して、
汗ダクになって立てなくなるまで走りこんで、
そして一汁一菜の食事もしくは断食をして…
なんてダイエットってどう思います?

そりゃ、これだけやれば
体重なんてあっという間に減るでしょうね。

でもわたくしは、こんな風に一時的に爆発的に行なうものを
「ダイエット」とは言わないと思います。

だって、何かのイベントに合わせて痩せて、終わったら元に戻って…
なんてダイエットではないですよね?

根性や忍耐で爆発的に頑張って、急激に痩せたものは長続きしません。
長続きさせたらそれこそ肉体の限界を超えて、身体を壊すだけです。

身体を壊すダイエットなんて、わたくしはしたくもありません!

例えば、夜中に食べても、
30%脂肪吸収率が上がるだけです。

その30%余分に吸収した体脂肪は
しあさって以降のどこかで挽回すればいいだけの話なので、
「夜中食べちゃったからダイエットできない」
ことはないのです。

事実、わたくしの夕方食時間は、
ほとんど真夜中10:00〜12:00です。
こんな生活でも半年で3KG落とせました。

世の中のダイエット法の「これはダメ!」と言うのも、
「これをやったらダイエットは失敗」
というのではなく、
「こうした方がベター」
と言った程度のものなのです。

数ある禁じ手を守らなくても、ダイエットはできます!

だから
「これをやっているから、わたくしにはダイエットは無理」
なんて考えないで、
「じゃあ他の方法を考えよう」
と言う具合に発想の転換をしましょう!


このページの先頭へ戻る