"身体の悩みというのは誰もが持っているもので、中でも無駄毛の悩みは頭を抱えてしまうことでしょう。
無駄毛の場合、洋服などで隠そうとしても夏場などには薄着や水着になったりするので脱毛が必要なのです。脱毛治療を行っている医療機関のWebサイトを見てみますと、エステで行われている医療行為のような脱毛は「医師法違反である」と指摘をしています。
医師の資格を所有していない者が脱毛施術をした場合には、法律が定める医師法違反に該当をすると見解をしています。

 

実際に医師法違反で逮捕されたエステ業者も存在しています。
脱毛エステの経営が厳しくなった今、脱毛の相談を受けたエステが、提携をしているクリニックへの利用を奨めることもあるようです。
医療機器ではない脱毛機でも医療資格を取得していない者が実施をするのと同じで、これは医師法違反にあたるとも見解しています。
利用者にとりましては、そこまで気にすることではありませんが、エステ選びなどで頭に入れておいた方が良いでしょう。"



正しくは医療行為となる脱毛ブログ:2020/09/22

小さい頃、夏休みや冬休みに田舎に帰ると、
祖父はいつもポッキーというおかしをくれました。

仕事の関係で家にいない時には、
ポッキーだけが置いてあることもありました。

おいらは
「なんでいっつもポッキーなんだろう?」
と思いながら食べていました。

1週間前、
友人の子供におかしを送ってあげることになり、
おいらは嫁と一緒に
スーパーのおかし売り場に行きました。

ずいぶん久しぶりに訪れたおかし売り場は、
童心をくすぐられる、なかなか魅惑的な場所でした。

で、いざ、その子供に送ってあげるおかしを選び始めると、
二人とも途方に暮れてしまったのです。

膨大な種類のおかしがあって、
どれを送ってあげたらいいのかがわからないのです。

たまにしか会わない子供が好きなおかしって、
接していない分だけわからないんですよね。

過去の記憶を手繰り寄せながら、
そうしてなんとかかんとか見繕って、
二人して「これで喜んでくれるかな〜?」などと言いつつ
買い物を済ませたのでした。

そのおかしの会計を済ませるレジの列に並んでいる時に、
ふと「祖父のポッキー」のことを思い出したのです。

思い出すと同時に、
祖父もがおいら好きなものがわからんかったんだ…
それでも
「これで喜んでくれるかな〜?」って思いながら、
ポッキーを買ってきてくれてたんだ…

あのポッキーは、
祖父の精一杯の愛情表現だったんですね。

積年の疑問が解けると同時に、
あのポッキーがただのおかしではないことに気づいたおいらは、
スーパーのレジで並びながら、
ウルッときてしまいました。


このページの先頭へ戻る